法律事務所で債務整理

借金問題で法律事務所を訪ねると、解決の方法に過払い金請求、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産などがあることを教えてくれます。過払い金請求は、返済中または返済済みの借金の金利が利息制限法を上回って設定されていた場合に、本来は支払う必要がない過払い分を返還させるもので、以前の出資金法の金利で貸し出しをしていた消費者金融業者などを対象として行われています。2017年にほぼ過払い請求の時効が成立することから、払い過ぎているのではと感じている方は、早期に弁護士に相談して着手した方がいいでしょう。法律事務所によっては、着手金無料で手続きを行っているところもあるので、手出し費用なしで返還を受けることも可能です。

債権者と協議のうえ、和解を図る目的で行われる任意整理は、公的機関や裁判所が一切関与しません。何も知らない債務者が、巧みな話術と知識をもつ債権者と同等に渡り合うのは至難の業であり、弁護士や師匠書士などの専門家の力を借りることによってスムーズに話し合いを進めることができます。出資法と利息制限法の違いによる、多めに支払った利子を返還させ元金と相殺することで借金総額を減額することができます。減額された元金を分割しながら継続して返済ができる方には向いていますが、信用情報機関にその事実が記録されるため、新たな借金やカード、ローンの利用ができなくなるというメリットもあるので、弁護士とよく相談した方がいいでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket